本サイトについて

本サイトはスポーツに関するビジネス、マネジメント、マーケティング、法律、関連する産業などについてご紹介するサイトです。

本サイトの目的は、「スポーツビジネスを発展させる若者が一人でも多く育ってほしい」ということです。

about

近年、2020年に「東京オリンピック・パラリンピック」が迫っていることもあって、「スポーツビジネス」や「スポーツマネジメント」という言葉をメディア等で取り上げられることが多くなりました。

スポーツのプロ化や商業化に伴って「スポーツ」に「ビジネス」が生まれ、「マネジメント」や「マーケティング」はもちろんのこと、

「財務・会計」、「法律」、ドーピング問題に象徴されるような「倫理」的側面など、様々な分野の学問や知識がスポーツにも必要となってきています。

こうした流れの中で、近年、大学や専門学校等でも「スポーツ」に関する様々な学問を学ぶ「学科」や「コース」が増えているようです。

カリキュラムの内容は、スポーツの「ビジネス」に関すること、「健康」に関すること、「地域振興」に関することなど、大学や専門学校によって特色があります。

ただ、日本のスポーツは余暇、レジャー、気晴らしなどのスポーツ本来の意味ではなく、学校での「体育」に代表されるような「教育」としての側面や、オリンピックなどのメダル数、もしくは世界大会等での「順位」などの「競技力」に焦点が当てられて発展してきている歴史があります。

高校野球の監督が、「高校野球は教育である」という言葉を発するのはまさに日本のスポーツの歴史なのです。

したがって、スポーツビジネスやスポーツマネジメントを専攻する大学の学科や学部においても、「体育」「健康」や「福祉」の一部としてのスポーツという位置づけとしてカリキュラムが組まれているところが多いように見受けられます。

それ自体は決して悪いことではないですが、「スポーツ」を「ビジネス」として捉える場合は、「医学」や「バイオメカニクス」といった身体構造的なスポーツの捉え方に加えて、「経済学」「経営学」「会計・財務」「法律」などといった視点からスポーツを学び、実践していくことが不可欠になります。

「強いチームだからファンがたくさんついて、経営も安定する」

「オリンピックでメダルが取れるような選手になれば、引退したあとも仕事に困らない」

これは当たり前のことです。

ですが、スポーツチームは全チームが同時に優勝できるわけではありません。

個人競技の選手も、テレビなどで取り上げられる選手はほんの一部の人でしかありません。

「弱いチームだから赤字が当たり前」

「無名選手だから稼ぎもない、引退しても仕事がない」

これでは、「スポーツ」に対して夢が持てるでしょうか。

「スポーツ」で夢を作り出すには、「ビジネス」の視点をぜひ持っていただきたいのです。

そのため、本サイトでは、スポーツに関するビジネス、マネジメント等をなるべくわかりやすい形で紹介し、スポーツを学ぶ方々の学習の手助けや、これからスポーツに関する大学の学科や専門学校で勉強をしたいと考えている高校生の方などにも、進路選びの参考になるようにわかりやすく記載していきます。