運営者について

このブログの運営者についてご紹介いたします。

須賀優樹

運営者

運営者の須賀優樹です。

スポーツビジネスやデータ解析事業を行う会社の代表をしています。

現在は、「早稲田ユナイテッド横浜」というスポーツアカデミーのオーナーをやっています。

なぜこのブログを書くことにしたかというと、私自身がこれから「スポーツビジネスをゼロから創り出そう」としているからです。

私は大学で4年間、大学院で2年間、計6年間スポーツビジネスやスポーツマネジメントといった分野を学んでいました。

しかし、新卒時にはスポーツに関する仕事に就職できませんでした。

「スポーツビジネス」といっても、様々な仕事がありますが、いざ自分が就職しようとすると「スポーツを仕事にする」ということが想像できなかったからです。

それはなぜかというと、

  • 「スポーツ」という仕事に対して自分がどのように貢献できるのか分からなかった。
  • 「スポーツ」で「こういう仕事がしてみたい!」という具体的なイメージが沸かなかった。
  • 「職場で嫌なことがあったとき、スポーツも嫌いになってしまうのではないか」と思った。

というのが大きな理由です。

大学時代は、主に「トップ(プロ)スポーツビジネス」の仕組みや経営手法などを学んでいました。

例えば、プロ野球やJリーグ、海外のメジャーリーグベースボール、プレミアリーグなどです。

講義やゼミでの議論の中心は、そうしたプロリーグの仕組みや、プロ球団の経営に関することでした。

おかげで、「プロスポーツの仕組み」に関してはある程度詳しくなることができました。

日本のプロスポーツ球団(クラブ)に関しても、なぜ長年赤字が続いていたのかという歴史的な背景や、それを改善しようとする取り組みも学ぶことができました。

そうした知識を活かせば、就職活動もあまり苦にはならないだろうと考えていました。

しかし、某球団や某スポーツ用品メーカーなどの選考を受けました。

結果はことごとく惨敗でした。

なぜ受からなかったのか。

それは「御社でこういう仕事がしたい!」という強い気持ちや「こういうことを解決できます!」というアピールが全くできなかったからです。

確かにスポーツビジネスに関する知識は他の学生よりも持ち合わせていたかもしれませんが、「スポーツ」に関わる仕事ならなんでもいい、という甘い考えもありました。

これではまずいと思い、就職活動をやめて、スポーツマネジメントを専攻できる大学院に進学を決意しました。

大学時代にはほぼ「トップスポーツビジネス」しか学んでいませんでしたので、スポーツに対しての視野をもっと広げなければならないと感じたのです。

例えば、国はスポーツをどのように捉えて成長させていきたいのか(政策・法律)、スポーツというのはそもそも一般の人たちにどのように役に立っていのか(余暇・健康)などという視点です。

MBA(経営学)的なスポーツマネジメントの捉え方、地域振興というスポーツの捉え方、健康・医療などから見たスポーツの活用など様々なことを学ぶことができました。

ただ、それでも「スポーツを仕事にする」ということに対してはどうしても何かがひっかかったままでした。

気づいたのは、自分にとって「好き(スポーツが)」と「仕事にする(スポーツを)」ということは違うということでした。

「なんだそんなことか」と笑われてしまうかもしれませんが、そこに気づくまでたくさんの時間や経験を要しました。

そうして、2016年に会社を立ち上げました。

どこかの会社で「従業員」としてスポーツに関わるのではなく、自身が「経営者」となってスポーツに関わりたい、と感じたからです。

これからスポーツを学ぶ方や、今スポーツを学んでいる人、スポーツ業界に転職したい人など、さまざまな方がいると思います。

そうした方々にとって少しでも力になれるように、迷った時に何か参考になれるように、このサイトを立ち上げました。

私には、そうした「進路」や「スポーツと人生の関わり方」のようなものを親身にアドバイスしてくれるような先生や先輩がいませんでした。

相談しても「結局どんなことがしたいの?」と言われて終わりでした。

「どんなことがしたいのか」がはっきりしていれば就職活動で苦労することはあまりないと思います。

「どんなことがしたいのか」がはっきりしていないから、みんな苦労しているのです。

スポーツを盛り上げたい、でもどうしたららいいかよくわからない、という「こころざし」のある人が、このサイトを参考に、一人でも多く活躍してくれることを願っています。

なお、出稿のご依頼や、スポーツマーケティング、マネジメントなどに関するお仕事のご依頼などもお受けしております。

ゼロからのスポーツビジネス入門
須賀優樹

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ