☆ブログ読者限定☆ 「ゼロからわかるスポーツマネジメントレポート」を発売中!!

スポーツビジネスが3分でわかる!

今回は「スポーツビジネス」とは何なのか? を3分で理解できるように解説していきたいと思います。

結論から言ってしまうと、スポーツビジネスとは、

スポーツに関わる全てのビジネス

のことです。

「なんだよそれ!!」と言われてしまいそうですが、このブログでも度々お伝えしているように、「スポーツ産業」というものは「製造業」や「小売業」のように明確に定められているわけではなく、「スポーツビジネス」も明確に「これがスポーツビジネスだ!」と決めることができないのです。

関連記事:スポーツ産業ってなに? 【伝統的3領域】とは?

関連記事:スポーツ産業ってなに? 【その1 日本標準産業分類】

ここまで読むのに3分もかかっていないと思いますが、これが「スポーツビジネス」です。

終わりです・・・・。

という訳にもいかないので、なぜ「これがスポーツビジネスだ!」と決めることができないのかを解説したいと思います。

スポーツの「市場」

「市場(マーケット:Market)」というのは、「お金や商品を交換して経済活動をするための場所」ということです。

「食品市場」のように実際にそういう場所がある場合もありますが、インターネットを介して商品とお金を交換するような場合でも、そこには「市場」が存在することになります。

「市場」というのは「経済学」で扱われる分野ですので、ここでは詳しくは述べませんが、スポーツが「ビジネス」として成立するためには、この「市場」によってスポーツから生み出された何かしらの価値が、お金と交換される、ということになります。

「スポーツビジネス」をひとくくりにできないのは、この「スポーツから生み出された何かしらの価値」というものが、たくさんの種類があってまとめることができないからです。

以下の図をご覧いただきたいのですが、スポーツによって発生する「市場」はこのような構造になっているとされています。

浦久保 和哉 (著) スポーツビジネスを知るための基礎知識 を参考に作成

スポーツは「する」「みる」「ささえる」という3つの側面があると言われますが、スポーツをする、みる、ささえる、という3つの行動を様々な人がすることによって、これだけ様々な「価値の交換」が行われるのです。

「スポーツ産業」の分類

スポーツビジネスを理解するにあたっては、「産業」というものを理解する必要があることはこのブログでも度々ご紹介していますが、

関連記事:「スポーツ産業」ってなに? 「スポーツ産業」を調べたいときに役立つ本

「産業」というのは簡単に言えば「仕事」のことです。「ものをつくる仕事」であれば「製造業」、「ものを運ぶ仕事」であれば「運輸業」といったように定められています。

しかし、「スポーツの仕事」というのは、先ほどご紹介したように、スポーツを「する」「みる」「ささえる」といった3つの側面から生まれるものや、それらに対して提供されるものなど、実に様々なものがあるのです。

日本のスポーツ産業の研究においては、従来は、スポーツ産業を「スポーツ用品産業」「スポーツサービス・メディア産業」「スポーツ施設産業」といったように3つに分ける考え方や、その3つをもう少し細かくして、色々な領域をくっつけたものなどが提唱されてきましたが、現代では色々な分野が組み合わさったビジネスが登場してきていますので、ますます「スポーツ産業」を定義することが難しくなっています。

例えば、1990年代頃までは、「スポーツのメディア」といえば、テレビ(地上波)・新聞・ラジオがメインでしたが、現代では、インターネットを通じたライブストリーミングや衛星放送といったメディアがスポーツ配信のメインとなってきています。

また、最近登場してきた「暗闇フィットネス」や「高地トレーニングジム」といったものは、スポーツを通じた新たな価値を提供するビジネスであると言えます。

スポーツビジネスの現在地

これまで、スポーツの市場や、スポーツ産業といったことを簡単にご紹介してきました。

「これだけスポーツに関する仕事があるのであれば、スポーツ産業はどんどん伸びているのでは??」

と感じる方も多いと思いますが、残念ながらそうではないのが日本のスポーツ産業の現状です。

以下の記事で詳しく取り上げていますが、

関連記事:日本のスポーツ産業がいまひとつなのはどうして?

スポーツ庁が発表した報告書によれば、スポーツ産業は伸びているどころか、落ち込んでしまっているのです。

スポーツ庁 「新たなスポーツビジネス等の創出に向けた市場動向」より

特に落ち込みが多いのは「ゴルフ」や「テニス」、「スキー」といったスポーツに関する用品や施設の産業で、こうしたスポーツはどちらかと言うと年配の方が楽しむ傾向が見られ、若者をなかなか取り込めないことが課題だとされています。

日本では、2025年までに「スポーツ産業を15兆円にする」という目標を掲げています。

2013年時点の国のスポーツ関連予算は、「243億円」でしたが、2020年は「350億円」をスポーツ振興のために使うとされています。

国も、ここ10年くらいでようやく「スポーツの価値」を認めて、そのために「投資」をしようという運気になってきましたが、もっとスポーツが持つ価値を多くの国民や市民に広めていかないと、スポーツ産業を底上げすることはできず、スポーツビジネスで収益を得ることもできません。

スポーツは「する」「みる」「ささえる」という側面があるとお伝えしましたが、それ以外にも、スポーツ誌や雑誌、ネットニュースなどを「読む」といったことや、スポーツに関連するグッズなどを「買う」、チームや選手に「投資する」など色々な消費の仕方や、個人個人の好みや行動があることから、様々なつながりを意識した商品企画やマーケティングが必要になってきます。

まとめ

今回は「スポーツビジネスが3分でわかる!」というテーマでお伝えしてきました。

スポーツビジネスとは、

スポーツに関わる全てのビジネス

のことでしたね。

●スポーツビジネスには、「スポーツを通じて作られた価値(スポーツ用品や試合など)」と、お金を交換したりする「市場」というものがある。

●また、スポーツに関わるそれぞれの仕事の分け方として「スポーツ産業」と言われているものがある。

●「スポーツ市場」も「スポーツ産業」も様々な要因が重なり合って成り立っているため「これがスポーツビジネスだ!」と決めることが難しい

● スポーツビジネスやスポーツ産業は課題が多く、なかなか伸びていないが、だからこそ価値のあるものを届ければチャンス!!

この記事を読んでも「スポーツビジネスってサッパリ分からない!」という人や、「どうやって勉強したらいいか分からない!」という人はLINEで相談してくださいね!

オススメの本

スポーツビジネスの基本を学ぶためのオススメの本をご紹介します!

◆スポーツビジネスを知るための基礎知識

◆スポーツビジネス 最強の教科書〔第2版〕

◆図解入門業界研究 最新スポーツビジネスの動向がよ~くわかる本


絶対にスポーツ業界で働きたい人へ
【累計100ダウンロード突破!】これでスポーツマネジメントが分かる!!



スポーツビジネス初心者のために徹底的にわかりやすくスポーツマネジメントを解説したレポートがついに登場! 「スポーツマネジメントってなに?」「スポーツでどうやってビジネスをするの?」という疑問にすべてお答えする限定レポートを販売中です。レポートを購入頂いた方には特別な特典も! スポーツ業界で仕事がしたい人は必見!


ABOUT US

須賀 優樹
須賀 優樹
本ブログの管理人。「世界で一番優しくスポーツビジネスを学べる場をつくる!」を目標に、スポーツ業界に入りたい人、活躍したい人をこれまで多数支援。学生時代の専門は「スポーツマーケティング」。現在は大手企業のデジタルマーケティングやビッグデータ分析のコンサルティング、スポーツ団体の新規事業支援などをやっています。