☆ブログ読者限定☆ 「ゼロからわかるスポーツマネジメントレポート」をプレゼント中!!

スポーツビジネス初心者にまず読んでほしい記事を厳選!!

スポーツビジネスって、どんなビジネスなんだろう?」「スポーツを仕事にするってどういうことだろう?」という疑問をお持ちの「スポーツビジネス初心者」の方のために、

まずはこの記事を読んでほしい!!

という記事を厳選してみました!

主に、「スポーツビジネス編」「スポーツマネジメント編」「スポーツの学び編」という3つの分野で「これは絶対に読んでほしい!!」という記事をご紹介していきたいと思います。

それでは早速ご覧ください!!

スポーツビジネス編 :スポーツをビジネスにするってどういうこと?

スポーツビジネスを理解するためには、「どんな人や企業、団体が関わってスポーツビジネスが成り立っているのか?」「スポーツを産業として見た場合の特徴は?」といったことを知る必要があります。この記事では、そうしたことを「3分」で理解して頂けるように、とても簡潔にまとめています。
「スポーツをビジネスにする」ということは、そもそもどういうことなのか? というのを解説している記事になります。「スポーツビジネス」は、スポーツに関わるありとあらゆるものを「商品化・サービス化」することで収益を生み出すビジネスのことですが、スポーツを「する」「みる」という立場の違いによってもビジネスが変わってきます。
「スポーツ」というのは、最初から「商品」として存在していたわけではありません。元々は「気晴らし・遊び」といったことがスポーツの原点なのです。ですから、「スポーツを売る」ということは、それなりに工夫が必要になります。「スポーツ」をビジネスの視点で見ていくことがヒントになります。

スポーツマネジメント編:スポーツになぜマネジメントが必要?

「スポーツマネジメント」が扱う分野はとても広く、すべてのスポーツマネジメントを理解することはとても難しいです。簡単に理解するためのポイントとして、「お金が関係するかどうか」という視点で考えることが1つのヒントになります。
「スポーツマネジメント」や「スポーツ経営」という言葉が使われることがありますが、この2つは同じ意味なのか? 違うのか? ということを解説している記事になります。元々は違う考え方から発生したものですが、近年ではどちらもほとんど同じものとして扱われることが増えています。
「プロスポーツ」などのように、「試合をすることによって稼ぐビジネス」では、「スポーツの結果」と「ビジネスの成果」は必ずしもリンクしません。つまり「チームが勝っても負けても収益をきちんと出す」ということがスポーツビジネスには求められるのです。

スポーツの学び編 : スポーツビジネスをどうやって学ぶ?

「スポーツマネジメントを大学で学びたい!」と考えている高校生の方もいらっしゃると思いますが、「自分にあったスポーツマネジメントを学べる学校」を選ぶことが必要になります。「スポーツマネジメントを学べる大学ってどこも一緒でしょ?」と思ったら大間違いです!!
「自分が通っている学校ではスポーツビジネスに関する授業がない!」「社会人でもスポーツビジネスを学んでみたい!」という方には、「民間スクールに通う」という選択肢があります。自分にあったスクールを探して、ぜひスポーツビジネスの世界へチャレンジしてください!
「スポーツビジネスをどうやって学んだらいいのか?」というお悩みを持っている方もいらっしゃると思いますが、方法は色々あります。上記でご紹介したスクールなどのほかにも、様々な学習方法をうまく取り入れてスポーツビジネスの理解を深めていってください。

おまけ : スポーツはどうしたら稼げるのか?

日本の「スポーツ産業」は他の産業にくらべてかなり規模が小さいと言われています。また、アメリカとの比較では10倍近い差があると言われることもあります。なぜ日本のスポーツ産業は伸びないのか? どうしたらスポーツ産業が伸びていくのか? 一緒に考えてみませんか?
華やかなイメージのあるスポーツビジネスですが、実際には「それほど稼げないビジネス」であると言われることもあります。なぜスポーツはビジネスとして稼げないのか? それには「スポーツを買う立場と売る立場」の両方から考えてみることが大切です。
最近では「スポーツの仕事がしたい」「クラブやメーカーに就職したい」という人も増えてきましたが、その前に考えてみてほしいことがあります。「仕事としてスポーツと向き合う」ことは、簡単なことではないのです。

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した記事をざっと読んで頂ければ、「スポーツビジネスってこんな感じね」とか「スポーツ業界ってこういう問題があるんだな」ということがお分かりになって頂けるかと思います。

スポーツビジネスをやっている企業(団体)というのは、かなり規模が小さく、そのほとんどは「中小企業」です。

ですので、お金や人材が足りずに苦戦している企業がたくさんあります。

みなさんがよく知っている「Jリーグ」に所属するサッカークラブでさえ、大半のクラブはとても経営に苦しんでいます。

そうしたスポーツ業界の現状の中で、みなさんが「やりたいこと」や「できること」、逆に「やりたくないこと」などを考えてみることが大切になります。

このブログを読んでくれた方がひとりでも多く「スポーツビジネスに挑戦したい!!」と思ってくれると嬉しいです。