「スポーツビジネス」ってなに? スポーツって「ビジネス」になるの?

みなさんが「スポーツビジネス」という言葉を聞くと、何を想像するでしょうか。

プロ野球やJリーグのような、「プロスポーツ」と呼ばれる組織のビジネスでしょうか。

オリンピックやワールドカップなどの大規模な「スポーツイベント」でしょうか。

テレビ局や新聞等のメディアがみなさんに届ける「スポーツの情報」でしょうか。

スポーツ用品を作っているようなメーカーや、それを販売しているお店でしょうか。

スポーツジム、フィットネスなどのスポーツ施設のビジネスでしょうか。

「スポーツビジネスとはなにか?」と言われたとき、上記で挙げたようなビジネスはすべて「スポーツビジネス」なのです。

スポーツビジネスってなんですか?

「スポーツビジネス」というのは、簡単に言えば「ものを売りたい人が、スポーツに関わるなんらかものを商品にして、お客さんに買ってもらう」ということです。

好きなチームの試合を見に行くとき、みなさんはチケット代を払い、グッズなどを買いますよね。

オリンピックなどのイベントには、世界中の有名企業がスポンサーになります。

関連記事:スポーツのスポンサーシップってなに? スポーツと企業の共存

テレビ局はスポーツの放送(試合)をみなさんに観てもらうために、試合を主催する競技団体や球団などに何億円という、多額の「放送権料」というものを支払っています。

関連記事:プロスポーツがメディアに愛される理由

スポーツ用品メーカーは、みなさんがスポーツをするときに使う用具やウェアといった、ありとあらゆるものを開発して一年中販売しています。

スポーツジムは、「ダイエットしたい」「身体を鍛えたい」という人のために、色々なマシンを用意したり、優秀なトレーナーを雇ったりして、みなさんの健康づくりを支えています。

このように、「スポーツビジネス」というものは「スポーツに関わるありとあらゆるもの」を商品にして、誰かに「買ってもらう」ことで成り立っています。

関連記事:スポーツが「商品」になった理由

もう少し正確に言えば、お金のやりとりが発生しても「スポーツビジネス」にはならない(なりにくい)ものもあります。

例えば、スポーツの部活動やクラブチームに入っていた経験がある人なら、チームや顧問の先生などに「部費」というものを払っていたと思います。

なぜ「部費」はビジネスにはならないのでしょうか。

それは、部費は「部活をすること(権利)自体を買っているわけではない」からです。

「部費」を集める目的は、「部活動に最低限必要な備品などを部員全員で負担するため」です。

もちろん、スポーツで有名な私立校などは、数十万円という部費を徴収しているところもありますから、そうして集めたお金を元手にして、別の事業に投資をしている、などの可能性もあるかもしれません。

このように、「これはスポーツビジネスだ」「これはスポーツビジネスではない」と明確に区切ることは非常に難しいのです。

「スポーツ産業」という言葉もありますが、具体的に「何をスポーツ産業とするのか」のという定義はいまだ誰にもできていません。

関連記事:スポーツ産業ってなに? 【伝統的3領域】とは?

関連記事:スポーツ産業ってなに? 【その1 日本標準産業分類】

それは「スポーツ」という商品が非常にあいまいなものだからです。

例えば、ミズノやアシックスといった「スポーツ用品メーカー」は、一般的には「製造業」というカテゴリに分類されています。

これは、たまたま作っているものがスポーツに関わるものであって、洋服を作ることや、食品を作ったりすることと、本質的には同じビジネスであるからです。

どんな立場でスポーツに関わりたいですか?

「スポーツ」という商品は、「どういう立場で売るか」によって形が変わってくるということでもあります。

例えば、プロスポーツのように「試合を見てもらうことによってお金を稼ぐビジネス(みるスポーツのビジネス)」があったとします。

✔ 「する」スポーツのビジネス

✔ 「みる」スポーツのビジネス

二種類のスポーツビジネス

この場合、「試合」という商品を生産しているのは、「クラブあるいはチーム」といった組織です。

試合を「作り出している」という意味では、ある意味、スポーツ用品メーカーのような「製造業」であるとも言えなくはないですが、「製造業」は実際にみなさんが手に取ってみたり、触ったりできるようなものを作っている企業のことを指しています。

シューズやウェアといったものは、触ったり身に着けたりすることができますが、「試合」という商品に触ったりすることはできませんよね。

「試合」を商品とするスポーツビジネスでは、こうした「クラブやチーム」といった組織が「選手」を集めて、その「選手同士」が「試合」を行うことによって、チケット収入などを得ることができます。

一方、「試合」を行うためには、「スタジアム」や「アリーナ」といった「場所」が必要になります。

「スタジアム」や「アリーナ」から見れば、商品は「試合」ではなく、「試合を開催する場所」そのものが商品であり、「クラブやチームに場所を貸し出す」ことによってお金を得ています。

浦久保 和哉 (著) スポーツビジネスを知るための基礎知識 を参考に作成

「試合」そのものがとても面白くて魅力的なものであればスタジアムに来るお客さんも増えますし、スタジアムがきれいで安心・安全なものであれば、快適に試合を観戦することができます

このように、スポーツビジネスは様々な組織や企業が協力し合うことによって成り立っています。

したがって、スポーツビジネスを行うために大切になってくる、「スポーツマネジメント」や「スポーツマーケティング」といった分野も、「どういう立場でスポーツに関わるのか」によって、大きく変わってきます。

プロスポーツの球団経営を行うためのマネジメントと、地域の人々が自分たちで活動していくようなスポーツクラブでのマネジメントは、必要になるものが全く違う、ということです。

なので、「スポーツマネジメント」や「スポーツマーケティング」といったものも、「スポーツ産業の定義が難しい」といったことと同じように、「これがスポーツマネジメントです」と定義することが難しいのです。

このブログを読んでくれている方は、高校生や大学生や専門学生といった方が多いかもしれませんが、例えばスポーツビジネスを学べるような大学で4年間学んだとしても、すべての分野のスポーツマネジメントやマーケティングを学ぶことは難しいと思います。

それほど、スポーツビジネスというのは広がりが大きく、奥が深い分野なのです。

\スポーツビジネスのおススメ本/
おススメ度 ☆☆☆☆
「スポーツマネジメント」や「日本のスポーツ産業の現状」「スポーツマーケティング」など、スポーツビジネスに関わる事柄がとてもコンパクトにまとめられている本です。初心者にとてもオススメです!

私も、大学時代の4年間は「プロスポーツ」関連の経営などを学び、大学院ではスポーツマーケティングや、スポーツ振興といったことを学びましたが、6年間もスポーツビジネス関連のことを学んでも、まだまだ知らないことがたくさんあります。

ですので、日本のスポーツビジネスをもっと盛り上げていくためにも、ぜひ一緒に色々なことを学んでいきましょう!!

ゼロスポでは公式LINEなどでスポーツビジネスに関する情報や学びを定期的にお届けしていますので、よかったらお友達になってくださいね!


読者プレゼント中!
【無料レポート】これでスポーツマネジメントが分かる!!



「スポーツマネジメントってなに?」「どんなことを学べばいいの?」「スポーツでどうやってビジネスをするの?」という疑問にすべてお答えする無料レポートをお届け中です。レポートをお読みいただいた方には限定で特別なプレゼントもご用意しています! スポーツを仕事にしたい人は必見!


ABOUTこの記事をかいた人

須賀 優樹

本ブログの管理人。「世界で一番優しくスポーツビジネスを学べる場をつくる!」を目標に、スポーツ業界に入りたい人、活躍したい人をこれまで多数支援。学生時代の専門は「スポーツマーケティング」。現在は大手企業のデジタルマーケティングやビッグデータ分析のコンサルティング、スポーツ団体の新規事業支援などをやっています。