「スポーツマネジメント」ってどんなことをするの?

近年、「スポーツマネジメント」という言葉を聞く機会が非常に多くなりました。

「スポーツマネジメントを学びたい」といった人も非常に増えているようで、高校生や大学生のみならず、社会人でも仕事を退職してスポーツマネジメントを学べる大学院に進学したり、スポーツビジネスの現場で活躍している人たちを講師としたセミナーに参加したりと、「スポーツマネジメント」は特殊な分野ではなく、身近なものになってきています。

ところが、「スポーツマネジメントとは何か」と言われると、人によって答えはバラバラであり、スポーツマネジメントに関連する書籍にも、色々なことが書かれていて、「スポーツマネジメント」はとてもあいまいなものになってしまっています。

「スポーツマネジメントについては」~「スポーツ経営」と「スポーツマネジメント」って違うの? スポーツビジネスを取り巻く理論 ~ や~「スポーツマーケティング」とか「スポーツマネジメント」ってなに?~ というコラムでもお伝えをしていますが、

今回は、この「スポーツマネジメント」というものがいったいどういう意味で使われているのかを、もう少し整理したいと思います。

結論から言うと、「スポーツマネジメント」というのは、「スポーツに関わる全ての活動に対してのマネジメント」ということになります。

ただ、これだけですと、結局何をするのがスポーツマネジメントなのかということが全く分かりません。

「スポーツマネジメント」の考え方には多くのものがあるため、一度で全てをご紹介することはできませんが、

今回は、最も簡単な考え方をご紹介します。

ヒントは「お金」です。

「お金」という面で「スポーツマネジメント」を大きく2つに分けて考えてみます。

スポンサーリンク

スポーツマネジメントの簡単な考え方

お金を稼ぐことを目的としたスポーツ活動についてのスポーツマネジメント

お金を稼ぐことを目的としていないスポーツ活動についてのスポーツマネジメント

①お金を稼ぐことを目的としたスポーツ活動についてのスポーツマネジメント

お金を稼ぐことを目的としたスポーツマネジメント」で分かりやすい例は、「プロスポーツの球団経営」などです。

現在、日本の様々な大学などで扱っているスポーツマネジメント論や、スポーツマネジメント関連の書籍では、「プロスポーツの球団経営」のことを「スポーツマネジメント」として扱っている場合が多いです。

「プロスポーツの球団経営」というのは、簡単にいうと「プロ野球(NPB)」や「Jリーグ」といった、プロのスポーツチーム(クラブ)が、どのようにお金を稼いで、どのようにその稼いだお金を使っているか、ということです。

日本人であれば、「プロ野球(NPB)」や「Jリーグ」は、ほとんどの人がその存在を知っていますし、いかにも「スポーツビジネス」という感じがしますので、教える側にとっても、学ぶ側にとっても非常にわかりやすいものではないかと感じます。

「スポーツマネジメントを学んでみたい」と思う高校生や大学生の多くは、こうしたプロスポーツのチーム(クラブ)の職員・スタッフになりたい、という方が多いのではないでしょうか。

学校側にとっても、「うちの大学でスポーツマネジメントを学べば、プロの球団に就職できるチャンスがあります」という宣伝をすることによって、学生がその大学に行くことを魅力に感じます。

したがって、日本のスポーツマネジメントは、この「プロスポーツの球団経営」というのが非常に目立った形で取り上げられることが多いのが現状です。

しかし、球団経営だけが「スポーツマネジメント」なのかというと、もちろんそうではありません。

先ほど書いたように、「スポーツマネジメント」というのは、「スポーツに関わる全ての活動に対してのマネジメント」だからです。

「プロスポーツ球団」のビジネスは、スポーツ産業の分け方で言うと、「スポーツサービス産業」というものに分類することができます。

スポーツ産業にはどのようなものがあるかというと、大きく分けて、

という4つがあると、それぞれ別のコラムでお伝えしました。

ということは、「スポーツ」という名前がついている以上は、「この全てのスポーツ産業にスポーツマネジメントは存在する」ということです。

「産業」というのは、わかりやすく言うと、「仕事」という意味です。

↓スポーツ産業についてのおススメ参考文献↓

つまり「スポーツに関わる仕事(スポーツビジネス)であれば、その仕事全てにマネジメントが存在する」ということです。

これが、「①お金を稼ぐことを目的としたスポーツ活動についてのスポーツマネジメント」という意味です。

この場合は、スポーツマーケティング、スポーツ経済、スポーツファイナンス、などの「企業経営」に非常に近い分野を学んでいくことになります。

↓↓関連する参考文献のおススメ↓↓

②お金を稼ぐことを目的としていないスポーツ活動についてのスポーツマネジメント

では、「スポーツビジネスではない場合」は、スポーツマネジメントは存在しないのでしょうか。

非常にややこしくなってしまいますが、「スポーツビジネス」以外のスポーツの場面でも、スポーツマネジメントというのは存在するのです。

例えば、「箱根駅伝に出場するチームの、チームマネジメント」といったことも「スポーツマネジメント」に含まれるのです。

そもそも、日本の「スポーツ経営」は、体育や運動といったものをいかに効果的に行うか、スポーツ施設をどうやって活用するか、といった視点で発展してきています。

これは簡単に言うと「するスポーツ」のマネジメントということになります。

↓「するスポーツ」をもっと知りたい方はこちら↓

この場合は、コーチング学、スポーツ医科学、スポーツ心理学といった、いわゆる「スポーツの現場」で活かしていくようなことを学び、選手の体調、トレーニング管理や、チーム作りといったことを「スポーツマネジメント」として捉えます。

プロ野球のビジネスなどを「スポーツ経営」や「スポーツマネジメント」と呼ぶようになったことのほうが最近なのですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「スポーツマネジメント」を「お金」という視点で大きく2つに分けて考えるということをご紹介致しました。

「①お金を稼ぐことを目的としたスポーツ活動についてのスポーツマネジメント」では、スポーツマーケティング、スポーツ経済学、スポーツファイナンス、といった、企業経営に関するような分野のことを学ぶ必要があります。

①は「スポーツビジネス」に関する「スポーツマネジメント」とも言えますので、まず「スポーツ産業」というものを知らなければなりません。

「②お金を稼ぐことを目的としていないスポーツ活動についてのスポーツマネジメント」では、どちらかといえば「競技」そのものや「運動」といったことに焦点を当て、コーチング学、スポーツ医科学、スポーツ心理学といったことを「スポーツマネジメント」として学びます。

現代の「スポーツマネジメント」では、このどちらかを学べばいい、という訳ではなく、どちらも学ばなければなりません

このような点を丁寧に説明している書籍や、大学の講義といったものは非常に少ないのではないかと感じます。

↓一般的な「スポーツ団体」についてのマネジメントなどは、以下のような書籍が参考になります↓

フィットネスジムなどは、「スポーツビジネス」ですが、お客さん(利用者)にスポーツジムで運動をしてもらわなければなりません。

したがって、「ビジネス」的なスポーツマネジメントと、「運動」的なスポーツマネジメントを両方行わなければならないのです。

「将来こういうことをやりたいけど、どんな風にスポーツマネジメントを学んだらいいですか?」というお悩みなどがある方はぜひLINEでご相談くださいね!


読者プレゼント中!
【アンケート回答で無料】これでスポーツマネジメントが分かる!!



「スポーツマネジメントってなに?」「どんなことを学べばいいの?」「スポーツでどうやってビジネスをするの?」という疑問にすべてお答えする限定レポートをお届け中です。レポートをお読みいただいた方には特別なプレゼントもご用意しています! スポーツを仕事にしたい人は必見!


ABOUTこの記事をかいた人

須賀 優樹

本ブログの管理人。「世界で一番優しくスポーツビジネスを学べる場をつくる!」を目標に、スポーツ業界に入りたい人、活躍したい人をこれまで多数支援。学生時代の専門は「スポーツマーケティング」。現在は大手企業のデジタルマーケティングやビッグデータ分析のコンサルティング、スポーツ団体の新規事業支援などをやっています。